シリコンバッグのトラブルの種類について

シリコンバッグのトラブルとリスクを理解する

シリコンバッグ トラブル 種類 | シリコンバッグ後マンモグラフィーはできるのか?

破損が起こらないためには乳癌健診でのマンモグラフィーも辞めておいたほうがいいでしょう。
胸の形はずっと同じとは限りません。
妊娠出産によって大きく変化しますし、年齢を重ねる中でもだんだん垂れ下がっていくものです。
一方、シリコンバッグ自体は置いた場所から動くことはないので、バストに段差ができて見た目が不自然な状態になってしまうこともあるのです。
施術で入れた場所ですでにカプセルに囲まれて固定している以上、解消するには抜去しかないのです。
バッグの寿命は年々伸びていますし、中身のシリコンだけなら何十年ももちます。
ただだからといって一度施術をすれば一生涯というわけではないのです。
劣化して破損の危険が出てきても困ります。
10年から15年に一度は交換するものと考えて置きましょう。
それぐらいの年月が経つと体型の変化も大きくなってくるのでやはり変えたほうが不自然でなくよいのです。
トラブルが起こる可能性を下げるためにも10年に一度の見直しは大切です。
シリコンバッグによる豊胸は手術が必要となり大掛かりなものです。
お値段は高いです。
傷跡も残りますし、何より異物を入れる以上、かなりの痛みを伴うのです。
痛みが引くまでのダウンタイムが長いので日常生活にも影響してきます。
もっと安くて手軽な方法としてヒアルロン酸などの注射での注入による豊胸などもあります。
ある程度脂肪を蓄えている方なら脂肪挿入の方が自身の脂肪が使われるため体が異物反応を起こすようなこともないでしょう。
その他の豊胸方法も調べてみましょう。

シリコンバッグのよくあるトラブル | シリコンバッグのトラブルとリスクを理解する